皮革の種類と特徴について

革財布に使われる動物の皮革を選びます。
皮革の種類によって値段が大きく異なりますし、耐久性などにも違いがあります。
また、どの皮革を選ぶかによって、革財布の見栄えが大きく変わることになります。
動物によって皮やウロコの模様が異なるうえ、皮から革へと加工される「なめし」の行い方によって、様々なバリエーションの革が生み出されます。

皮から革へ(なめしと加工)のページもあわせてご参照ください。

ここでは、革財布によく使われている代表的な皮革について解説します。
ここでは紹介していないマニアックな皮革も数多くあります。人とは違うものが欲しい方はそのようなマニアックな革がいいのかもしれません。

牛革

革製品といってまず思いつくのは、牛革ではないでしょうか?
革財布といえば、やはり牛革の財布が一番一般的です。
特徴的な模様もなく平らで滑らか、それでいて丈夫な万能革です。

くわしくは牛革のページで。

馬革

コードバンでおなじみの馬革です。
牛革のように模様のない滑らかな表面です。
強度は牛革よりは劣りますが、柔らかで高級感のある革です。
コートバンは、馬のお尻の部分の皮で、非常に強度が高く希少な革です。

くわしくは馬革とコードバンのページで。

鰐革

高級皮革の代表格が、クロコダイルに代表される鰐革です。
同じ鰐でも、クロコダイル、カイマン、アリゲーターのような種類があり、さらにそれぞれにも多数の種類があります。
また天然と養殖の鰐がいて、カットの仕方などの違いもあります。非常にバリエーションの多い皮革といえます。

くわしくはワニ革(クロコダイル・アリゲーター・カイマン)のページで。

オーストリッチ

鰐革と並んで、高級皮革の代表格であるのがオーストリッチです。
ダチョウの皮で、クイルマークと呼ばれる丸い突起が特徴です。
強度もあり柔軟な、優れた皮革です。

くわしくはオーストリッチのページで。

蛇革

ウロコ模様が美しい革です。様々な種類があり、それぞれ模様も多彩です。
天然の模様を生かすために染色されていないものが多いのも特徴です。

くわしくはヘビ革(パイソン)のページで。

この記事が役に立ったら、ぜひ「いいね」をポチッとお願いします!